【鬼滅の刃】『柱』の名前と由来は?『柱』は何人?

スポンサーリンク
TVアニメ「鬼滅の刃」柱解禁PV


このページでは【鬼滅の刃】に登場する鬼殺隊を支える『』といわれるキャラクターについてまとめています。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】柱とは?

』とは、鬼に対抗するために作られた『鬼殺隊』の中でも上位の実力を持つ9人の最強剣士のことになります。


因みになぜ9人なのかというと、『柱』という漢字の字画が9画であることから「柱は9名」となっているそうです。


『柱』になるにはそれなりの条件があるのですが、詳細はこちらのページをご覧ください👇



【鬼滅の刃】柱の各キャラクター名前・紹介

〔水柱〕冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)

冨岡 義勇は主人公の炭次郎と同様『水の呼吸』を操る、鬼殺隊『柱』のメンバーになり、炭治郎を鬼殺隊に導いた人物でもあります。

表面上は多くを語らず、寡黙な剣士のイメージですが、意外に頑固な面があり自分の考えを貫き通す・・・言い換えれば『素直じゃない』面もかいまみえます。

それだけではなく、『天然』が入っているため仲間内でもコミュニケーションが取りづらい印象にあります。



〔蟲柱〕胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ)

『蟲柱』である胡蝶 しのぶは、『蟲の呼吸』を操る鬼殺隊『柱』のメンバーになるのですが、鬼殺隊の中で唯一、鬼の首を落とすほどの筋力がありません・・・

ですがその反面、『押す・突く』に必要な筋力がズバ抜けて強く、その威力は岩を貫通する程・・・

最大の特徴としては、鬼殺隊のなかで唯一『鬼を殺せる毒』を生成することができ、首は落とせなくても『毒で勝つ』ことができる剣士になります。



〔霞柱〕時透 無一郎(ときとう むいちろう)

霞柱』である時透 無一郎は剣を握ってわずか2ヶ月で柱まで昇格した天才剣士になります。

ムダを嫌い、基本的に合理的な考えであるため時に欠如が欠けている面があり、過去になんらかの出来事が原因で記憶喪失になっています。

『柱』になるだけあって線が細いながらも鍛え抜かれた体をもち、剣筋にしても効率よく最適な動作で無駄のない行動を好むのが特徴です。



〔炎柱〕煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

炎柱』である煉獄 杏寿郎は代々“炎の呼吸”を伝え継いできた剣士の名門・煉獄家の長男として生まれていて、元柱の父を持つ鬼滅隊『柱』のメンバーになります。

幼い頃から修練に励んできた生粋の鬼殺隊士で、物事のシロクロを明確にし、隊律違反などは許さないマジメな性格です。

ですが主人公『炭次郎』の妹『禰豆子(鬼)』の鬼に対する行動や人々を守る禰豆子の姿をみて、鬼殺隊の一員として認めるような考えは持っています。



〔恋柱〕甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり)

恋柱』である甘露寺 蜜璃は他の『柱』とは少し違い、天真爛漫かつ感情豊かで表情がコロコロ変わるような性格になります。

炭次郎の妹『鬼の禰豆子』とも早い段階で打ち解けるような仲にもなっています。


甘露寺蜜璃は見た目では予測できない変異個体(ミュータントをいう能力を持ち、先天的要因によって常人の八倍もの力を引き出せる『柱』になります。(剛力無双〕

そんな甘露寺蜜璃ですが、いったん力を解除すれば、か弱い女性に戻ってしまいます。



〔風柱〕不死川 実弥(しなずがわ さねみ)

風柱』である不死川 実弥は炭次郎の同期である不死川玄弥の兄になるのですが、身体中傷だらけ・・・性格も荒々しくキレやすいのが特徴です。

初めて炭次郎と禰豆子に対峙した時もわざと自らの腕を切り、血を禰豆子の目の前で見せ、挑発・・・鬼の醜さを『柱』の前で証明しようとしたほどの人物です。

ですがその反面『鬼を殺す事への並々ならぬ執念・これまで死んでいった仲間達の命と想い・唯一の家族である弟を守る気持ち』特に「弟に幸せに生きられる世界を作りたい!」という強い信念が強さの秘密です。



〔蛇柱〕伊黒 小芭内(いぐろ おばない)

蛇柱』である伊黒 小芭内は『柱』のなかでワースト2に入るほど腕力が低いのですが、非力さを補って有り余る程の高度な“技”を持っている剣士になり、同じ柱以外の人間を信用も期待もしない性格の持ち主になります。

非力ゆえに、胡蝶 しのぶと同様スピードや技に特徴があり、剛術よりも柔術を得意とし変則的な斬撃を繰り出します。



〔岩柱〕悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)

岩柱』である悲鳴嶼 行冥の最大の特徴は『盲目』になります。

鬼殺隊のなかでは最年長になり、実に8年もの期間強靭な鬼と戦い続け、肉体と戦術を文字通り命懸けで研ぎ澄ませてきました。

そんな悲鳴嶼 行冥は炭次郎・伊之助いわく鬼殺隊最強と見立てられている反面、『柱』のなかで誰よりも心優しい鬼殺隊のメンバーで涙もろい一面があります。



〔音柱〕宇随 天元(うずい てんげん)

音柱』である宇随 天元元々は大正時代には既に滅びかけている忍者の、次世代の頭領として育てられていた経歴を持つ『柱』になります。(他の柱より少し能力が劣る)

性格は傲岸不遜な体育会系ですが、忍者の頭領として育てられた経験から極めて優秀な戦術指揮官であり、他の個人個人の能力重視で動く『柱』とは違い、戦況を読んで戦術を立てていく様は『柱』のなかで随一になります。




【鬼滅の刃】『柱』の名前は?『柱』は何人?(まとめ)

鬼滅の刃に登場してくる『柱』の名前は上記の通りになり、『柱』という漢字の字画にちなんで9名になります。

  • 〔水柱〕冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)
  • 〔蟲柱〕胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ)
  • 〔霞柱〕時透 無一郎(ときとう むいちろう)
  • 〔炎柱〕煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)
  • 〔恋柱〕甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり)
  • 〔風柱〕不死川 実弥(しなずがわ さねみ)
  • 〔蛇柱〕伊黒 小芭内(いぐろ おばない)
  • 〔岩柱〕悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)
  • 〔音柱〕宇随 天元(うずい てんげん)

合計9名


鬼滅隊はこの9人が支えている強力な組織になっています。

これらに加え、炭次郎などが力を合わせ主犯格の『鬼舞辻無惨』を追い詰めていくマンガ【鬼滅の刃】を手軽に無料で読んじゃいましょう❗️

\今すぐ最新刊が無料で読めます/

電子書籍✔︎「3分でできる!」の簡単登録!
✔︎無料トライアル中の解約で完全無料!
✔︎600円分タダで読める!

コメント

タイトルとURLをコピーしました